ライフスタイルの質を良くする大阪で人気のリフォーム

SITEMAP

きれいな家

トイレをリフォームする際に気にする点

複雑な建物

トイレのリフォームを行う場合に気にしておいた方が良い点がいくつかあります。
まずは狭いトイレ内ですから、リフォームすることで何が必要で何がいらないのかを決める事が必要になります。
トイレの大きさに対する便器の大きさですが、便器の大きさは家族誰でもトイレ内で不自由なく動く事が出来、床掃除にも不便を感じない大きさでなければなりません。
基本的に今まで使用していた便器と同じ大きさで構わないでしょうが、例えば妊娠してお腹が大きくなったときにどうかとか、高齢者が使いやすいかなどを考えて、リフォーム時の便器を再検討する事も場合によっては必要になります。
コンセントの位置やティッシュの位置も利用する際に不便を感じない位置にする必要もあります。
トイレ内に手洗いを設置する場合は、移動の際に水滴が床などに付かないようにするためにも、その場で手を拭いたり乾かせるようにする必要があります。
床や壁の色を好みにリフォームできることは気持ちのいいことですが、使用していくうちに床が汚れていく危険性もあるので、汚れ難い素材やアンモニアに強い素材であったり、汚れても目立たない色を選ぶことも重要になります。
ドアの開き方もトイレに入る際に入りやすい開き方のドアを選ぶ必要があります。